Chrome Web Storeに作った拡張機能を公開してみました

はじめに

先日、初めてGoogle Chromeの拡張機能を作りました。

自分だけで使うのは勿体ないので、Chrome Web Storeに公開申請したところ、問題なく審査を通過しました。

本稿では、その手順を記します。

手順

Chrome Web Store Developer Dashboardにアクセスし、開発者情報を入力します。

次に、開発者として登録する手数料として、Googleに$5.00をクレジットカードで支払います。

開発者の登録は以上で終わりです。

次に、「新しいアイテムを追加する」ボタンをクリックします。

この画面が表示されるので、拡張機能のソースコードをZIPで圧縮し、アップロードします。

.crxをZIP圧縮するのではないので気をつけてください。

アップロードしたら、拡張機能の詳細を入力します。

詳細の入力が完了したら、下書きを保存し、公開ボタンをクリックします。

すると、Chrome Web Store側がアップロードした拡張機能に問題がないかチェックしたあとに公開されます。

私は、審査が完了したらメールが届くと勝手に思っていたのですが、何も届かずに、いつの間にか拡張機能が公開されていました。

おわりに

とても簡単な手順で拡張機能を公開することができました。

Chrome Web Storeの審査は厳しいと言われていますが、適当に作ったものでも承認されたので、みなさんも拡張機能を公開してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました